このブログはくは72の投資行動や考えについて淡々と綴るものです.過度な期待はしないでください.

年会費の掛かるクレカへの入会を検討したが・・・

 0

※本ブログでは記事中に広告情報を含むことがあります

三井住友カードプラチナプリファードの入会を検討しましたが現状は見送ることにしました.

少し前に話題になったカードですが年会費33,000円が掛かります.カード修行として何枚か高額決済の予定があったため挑戦しましたが普段から必要最小限の支出で生活しているためクレカなどの"修行"には消極的です.
今回はSBI証券のクレジットカードによる積立投資額を月5万円から10万円に増額される見込みのニュースが出ました.
現在開催されいているキャンペーンがあり初年度は確かに最初の数ヶ月での決済額を多めに利用すれば年会費以上のポイントが得られるのですが,SBI証券のキャンペーンがどうなるか不明瞭であり通常使用だけでも年会費無料のカードと比較してどうなのかを年末年始の時間を利用して検証してみました.

比較対象

三井住友カードゴールドNLと三井住友カードプラチナプリファードを比較しました.
ゴールドNLは修行達成後年会費無料で基本還元率0.5%+年間100万円利用で10,000P付与.プラチナプリファードは年会費33,000円で基本還元率1.0%+年間100万円利用ごとに10,000P付与(最大40,000P)となっています.
得られるポイントは年会費考慮後で次のようになります.

PPvsGNL.png
灰色がゴールドNLで得られるポイント,オレンジ色がプラチナプリファードで得られるポイントです.年会費を考慮すれば3,000,000円利用すれば得られるポイントが逆転します.つまり通常の決済で年間
3,000,000円以上利用するのであれば基本還元率のルール改定までされない限りはプラチナプリファードに切り替える方がよりお得であると考えられます.

自身のこの2年間の決済を振り返る

自身利用しているクレジットカードの2022年01月〜2023年12月までの明細書データを活用して自身が年間でどのくらい決済しているのかを確認してみました.
2022年と2023年は歯列矯正の費用を2分割にしたためそれぞれの年に治療費がおよそ半分ずつ計上されています.またSBI証券のクレジットカード積立も計上されての状態で3,000,000円を超えていました.楽天市場の利用もある程度あります.そのため通常使用だけでは私の場合ゴールドNLからプラチナプリファードへ切り替えるのは得策ではないと判断しました.今後も支出が増える見込みはありません.やはり年会費を支払ってまで切り替えるメリットは私にはありませんでした.

SBI証券のクレジットカード積立の還元率の検証

SBI証券では三井住友カードを利用してクレジットカードの積立ができます.現在は年間5万円までですが,関連法規の改正が為されれば増額を検討しているとのことです.現在,ゴールドNLでは積立額の1%,プラチナプリファードでは同5%のポイント還元が為されています.ゴールドNLの1%還元は積立額が10万円になったとしても維持される可能性はありそうです.しかしプラチナプリファードの5%は10万円まで積立額が増えるとそれだけで60,000Pも還元してしまうことになります.プラチナプリファードの還元率はおそらく下げられるだろうと考えます.
考えられる改定内容は5万円まではこれまで通りの5%,5万円を超過した分については3%に低減するケース.もう一つは全額3%への変更されるケース.3%であればNISAでの積立を満額設定した場合は年会費はクレジットカード積立で賄えます.

PP Ponit and CC Point1
図を拡大してゴールドNLの通常還元と重ねてみると
PP Ponit and CC Point2

SBI証券の条件次第では作ってみるかも?

SBI証券がクレジットカード積立を月額10万円に上げるタイミングで還元条件の変更をしてくると考えます.そのお知らせを確認して還元率が3%以上維持されていればゴールドNLを残した状態でプラチナプリファードを作成することを検討するかもしれません.
各社様々なキャンペーンを開催しておりお得に見えますがそれらはいつルール変更されて廃止されてしまう可能性があります.あまりキャンペーンに踊らされないようにじっくりと考えていきたいと思います.
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply