このブログはくは72の投資行動や考えについて淡々と綴るものです.過度な期待はしないでください.

MOTHERHOUSE THANKS EVENT2017に参加してきました

 0
写真 2017-08-20 14 15 07

08/20にMOTHERHOUSEのTHANKS EVENT 2017とCLOSING PARTYに参加してきました.

THANKS EVENT 2017とは? CLOSING PARTYとは?
THANKS EVENT 2017|MOTHERHOUSETHANKS EVENT 2017|MOTHERHOUSE 



THANKS EVENT 2017

今回関西では京都で開催されました.08月04日に京都三条寺町店が新たにオープンし,そのプロモーションも兼ねて今回関西では京都で開催となりました.
京都店の計画は,03月に開催された11周年アニバーサリーイベントで参加者向けに告知はされていました.しかし,この場所にマザーハウスができるとは・・・という場所でした.
普段は大阪のストアを利用することが多いですが,京都も年に何回も行くので寄り道する場所がまた1つ増えました.

写真 2017-08-20 13 10 30
京都三条寺町店の写真

チーフデザイナーの山口さんがブランドと設立したのは11年前の2016年03月09日.
かわいそうだから買ってあげるのではなく,「かわいい・かっこいい」から買うものを作りたいという思いからMOTHERHOUSEを設立した.

山口さんにとって,今年は11年で一番大変な1年だった.バングラディッシュでテロがあり,山口さんがバングラディッシュに入国できない,バングラデシュの自社工場のディレクターが退職したなど精神的にも辛かった.
16年春から日本にデザインルームを作ってもらったが全然作業が捗らなかった.
そこでサンプルマスターのモルシェドさんが来日してきてからスイッチが入った.

写真 2017-08-20 16 40 34

今まではMOTHERHOUSEの製品は途上国の自然をテーマにしたものが多かった.今回の新作はバングラディッシュに行けず東京のビル街から見上げた空から得たモチーフがです.
テロのインパクトは相当あり,現地の工場でも従業員たちが自分たちの仕事への心配をしている人がいた.
モルシェドさんが日本に来日した際は,食事が合わずに大変だった.また,寸法の感覚が時差で狂う.それを戻すのが大変だった.
日本の職人との出会いでモルシェドさん自身は非常に成長できた.言葉は通じないものの職人通しの"モノヅクリ"という言語でコミュニケーションが取れた.

MOTHERHOUSEに入社する前後での違いは製品よりも環境が違う.給料の心配を以前の職場ではしていたが,今は違う.また業務フローがシステム化されている.これは,他の提携施設にも取り入れられておりいいことだ.


CLOSING PARTY

夕方からはCLOSING PARTYが開催されました.関西では初開催だそうです.
京都ストア内で軽食と飲み物が振る舞われ,関西のストアのスタッフやユーザー同士で親睦を図るイベントです.
ユーザー同士,ユーザーとストアのスタッフとが和気藹々と話ができました.
ユーザー同士が集まって話すことは珍しくないですが,ストアのスタッフやデザイナーの方,現地の職人の人とが一緒に集まって話すことはなかなかありません.

また,イベント中にクイズ大会が開催されました.CLOSING PARTYの受付の際に事前にグルーピングされており,それぞれのチームで共通点などを見出し,チーム名を決め,マザーハウスに関連するクイズ大会が開催されました.
私のグループではなかなか共通点を見いだせなかったものの,手持ちのマザーハウスグッズにいずれもジュートが使われており,「チーム・ジュートが好き」という名前になりました.
出題されたクイズの内容は簡単なものからイベントに参加する熱心なユーザーでも解答に悩むマニアックなものまで含まれていました.
優勝チームには,Dari Kの生チョコクリームとMOTHERHOUSE COLLEGEの招待券を頂きました.

写真 2017-08-25 22 44 13

鎌倉投信の投資先の1つであるMOTHERHOUSEのセミナーでした.
鎌倉投信のイベントでお店を訪問したことがきっかけで,財布など自分の持ち物を購入することになり,MOTHERHOUSE主催のイベントにも参加するようになりました.
実際にMOTHERHOUSEを利用するようになって,商品は勿論,お店の雰囲気など自分の中では気に入っており今後もお付き合いが続きそうです.
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply