このブログはくは72の投資行動や考えについて淡々と綴るものです.過度な期待はしないでください.

「お金は寝かせて増やしなさい」ー水瀬さんと会話しながらインデックス投資が学べる1冊ー

 0
写真 2018-01-06 20 53 34

インデックス投資について調べた人で知らない人はいないと言っても過言ではない「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」の管理人,水瀬ケンイチさんの初の単著が昨年12月に発売されました.

水瀬さんから献本頂きました.ありがとうございます.発売から1ヶ月以上が経ってしまい他の方々の書評がもう沢山あるのでそちらも参考にしてください.水瀬さんのブログに「お金は寝かせて増やしなさい」のカテゴリーでまとめられております.


本の構成

プロローグ 私がたどり着いた「寝かせてお金を増やす方法」

第1章 金融のど素人でもプロと互角以上に叩ける「インデックス投資」

第2章 寝かせて増やすインデックス投資の実践法

第3章 おすすめの金融機関&口座開設の手順と気になるNISAとiDeCo

第4章 始めるのはカンタンだけど続けるのは意外と難しい

第5章 涙と苦労のインデックス投資家15年実践記

第6章 貴重情報! インデックス投資の終わらせかた

エピローグ 寝かせて増やすことはつまり人の未来を信じるということ


感想など

実は事前に予約しており,ありがたいことに水瀬さんから献本の話を頂戴しました.現在,手元に1冊と職場の同僚でiDeCoに加入を検討している人の元にあります.その方に差し上げることにしましました.

このような投資関連の本を初心者の方に手に取って読んでもらうためには,最初の10ページで読者にどれだけ興味を持ってもらえるかがカギになると思っています.活字の本を読む人が少なくなってきているのもあるのでしょうか.
そういった視点で,1ページ目がプロローグではなくマンガで始まったことは活字ばかりの本にアレルギーのある人にとっては受け入れやすく,10ページまでで水瀬さんの自己紹介が終わりこの本を書いた人はどういう人なのかがわかるようになっています.
この構成は意図したものか,偶然なのかはわかりませんが上手いなと思いました.

本の内容ですが,読んでいるうちに集中力が落ちても大事なところは太字になっており見逃さないようになっています.
また,論理展開が明快でありまるで水瀬さんと対話しながらインデックス投資のことを学んでいるようにスラスラと読めます.読みながら,疑問に思うようなことが次のセクションで取り上げられています.

下書きでは各章ごとの感想も書いていたのですが長くなるので割愛します.

インデックス投資を始める前に「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」を最初から最後まで読んで勉強した私には,始める前に欲しかった1冊だと感じました.



おまけ

職場で現在この本を読んでいる方曰く,初心者には1ページを理解するにはそれなりに時間が掛かるそうです.特に第2章で現在苦戦しているようです.
しかしながら第2章の理解がしっかりできていないと,特にいつかくる下げ相場で撤退してしまうことになります.なので,第2章は時間が掛かってもきちんと理解して読んでいただきたいと思います.

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply