このブログはくは72の投資行動や考えについて淡々と綴るものです.過度な期待はしないでください.

「IIJmio meeting 24 東京」に参加しました

 0

※本ブログでは記事中に広告情報を含むことがあります

IIJmio.png

MVNOのIIJmioが主催するIIJmio meeting 24に参加してきました.大阪在住のため普段は大阪会場の参加ですが,今回は東京会場に初参加しました.
今回は07/18からサービス提供開始となるeSIM特集でした.寧ろこの時季にeSIMサービスの開始は予想していたのでわざわざ遠征してでも参加しようと決めていました.
先週頂戴したつみたてワニーサの缶バッジをネームプレートに装着して参戦しました.

IIJmio meeting24


プログラム

  • IIJmio Updates 2019/04~2019/06
  • みおふぉん教室(初心者向け)
  • IIJにおけるeSIMの取り組み– サービス開始に向けた軌跡–
  • eSIMプロファイルの取り扱いと今後の展望

IIJmio Updates 2019/04~2019/06

このコーナーは前回~今回のIIJmio meetingの間にあったIIJmioに関する出来事を紹介するコーナーです.
  • eSIM
  • 07/18からβ版だがサービス開始.本格的なサービス開始はまだ先だがいずれは全てのプランに対応する予定.ここで運用上の問題点などをあぶり出して正式サービスにつなげたい.このサービスはGSMA標準に準拠しているeSIMのみを対象としているため情報非公開のApple Watchには非対応を強調していました.

  • iPhone
  • 利用者から要望の多かったiPhoneの取り扱いを開始しました.新品ではなく中古品.市場で取り扱われる中古品の中でリユースモバイル・ジャパンがリユースモバイルガイドラインにおける評価基準「A」以上の製品を販売する(同GLにて「S」は未使用品,「A」は目立つ傷がなく非常にきれいな状態).
    中古品なので本体のみで付属品はなし.この強気価格は事情は"察してください"とのことでした.
    上記のeSIMが一般ユーザーが使える形で搭載されている端末がスマホに限ればiPhone XS/XS Max/XRの3機種に限られる.eSIMサービスを開始するのに対応端末を販売していないのは・・・ということで新品と実質同じ価格の中古品を取り扱っている事情です.

  • Android端末
  • Motorolaのmoto g7シリーズ,OPPOのReno,HuaweiのP30シリーズなどの紹介がありました.

  • ビックポイントでの支払い開始
  • 条件付きですがIIJmioの支払いにビックポイントが利用可能となりました.

  • 夏トク!キャンペーン
  • 今後は割引額の上限が設定されるのでここまでの大幅な割引は今回が最後になるはず.ぜひ活用してください.


MVNO素朴な疑問解決編

「MVNOの通信速度はなぜ遅いのか,遅くなったら元に戻らないのか」「都市部と地方,MVNOに苦手なところってあるの?」「サブブランドとMVNOって何が違うんだろう」などなど,MVNOを使っていてふと気になる疑問にIIJが答えるコーナでした.

IIJにおけるeSIMの取り組み– サービス開始に向けた軌跡–

ここからは超マニア向けの記事なのでスライドを参照してください.
eSIMについては業界内で標準化はまだ難しそうだと感じました.


eSIMプロファイルの取り扱いと今後の展望

前のコーナーでeSIMの技術的な話がなされ,今回は実際の運用方法についての話がありました.eSIMサービスを利用できるのはiPhone XS/XS Max/XRとSurface Pro LTE Advancedなど限られた端末.Pixel 3は海外版は搭載されているが技適未通過のためNG

比較的容易に設定できることがわかりました.プロファイルも複数登録しておけるため海外出国時にIIJmioのプロファイルは削除せず残しておき,帰国時に再度有効化しておくことができる.

フリートーク

参加者からの意見・質問に答えるコーナーです.
最初はTwitterからの質問.全部で66問ありハイペースで回答していました.その他,参加者からの質問では,店舗での対応について,他社の技術的な話,まだ公に言えないが"察してください"の話までありました.

IIJmioに興味を盛ったらこちらから申し込めます

IIJmio(みおふぉん)

そういえば,会場で投資家の方とお会いしました.
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply