このブログはくは72の投資行動や考えについて淡々と綴るものです.過度な期待はしないでください.

2020年10月運用報告

 0

※本ブログでは記事中に広告情報を含むことがあります

10月が終わりました!異動が解除されました.出向元に戻ることになりました.通勤が自転車で10分程度に戻り朝ゆっくりできます.満員電車からも解放されます.

10月の相場も新型コロナウイルスの感染動向に翻弄されながらでした.前半は上がっていましたが後半はアメリカ大統領選を備えてか株式市場は下落しました.
相場の先行きの予想は勝手にやっていますが,先月も機械的に積立投資を行いました.

2020年10月の運用成績です.
(2020年09月運用報告はこちらを参照)

10月の活動

今月の投資家としての活動は次の通りでした.
NTTドコモの株式を泣く泣く売却へ
数少ない個別株式でしたがNTTにTOBとなりました.

鎌倉投信 第11回「結い2101」受益者総会に参加しました
鎌倉投信 第11回「結い2101」受益者総会オンライン懇親会に参加しました
毎年参加している鎌倉投信の受益者総会です.今年は初の完全オンライン開催でした.

久々にリアル会場のセミナーに参加しました
セゾン投信のセミナーは感染対策をしながら徐々にリアルセミナーも開催していくようです.オンラインにも大分慣れてきましたがリアルがやはりいいですね.

資産全体像

20201031AssetC.png

投資方針通り,現職の年収分以上の生活防衛資金をきっちりと確保した状態で投資出来ていました.
NTTドコモの株式売却により投資資金が減ったこと,月の後半に基準価額が下がったことにより投資資産の割合としては下がりました.

今後も将来への予測に依存することなく幅広く投資を行うことでリスクを分散しながら,自身で設定した投資方針に則り淡々と投資を続けていきます.

インデックスファンドのみのアセットアロケーションもiDeCo同様のアセットアロケーションとなっております.アセットアロケーションの変更にて投資対象外となった国内債券・REITのインデックスファンドは必要に迫られれば売却を検討したいと思います.現在のところ,売却の予定はありません.
国内債券インデックスファンドは現在の金利情勢から含み益に,REITインデックスファンドは一時的に大きくマイナスになりましたが,現在はプラスに戻りました.
今後も買付額を微調整しながら比率の維持に努めていきます.

インデックスファンドのみ

メインで積立・保有しているインデックスファンドの10月30日現在のアセットアロケーションはこのようになりました.

20201030IndexC.png

目標比率
今月末の比率目標比率目標との差
日本株式7.3%6.9%+0.4%
先進国株式79.7%80.8%-1.1%
新興国株式13.0%12.3%+0.7%

株式について,国内:先進国:新興国の比率が約1:8:1にできました.ほぼ狙い通りでした.

インデックスファンドと鎌倉投信・セゾン投信の合計成績

サテライトとして積み立てている,結い2101とセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも含めた前月までの積立と今月の買付,月末の評価額は下表のとおりになりました.

20201030IndexM.png

今後追加・変更の予定があるアセットクラスの下にの欄を設けております.

インデックスファンドのみでは,-2.13%でした.
投信全体では,-2.08%でした.
通算(評価額/投資総額)では,+19.92%でした.

確定拠出年金

アセットアロケーションは下図の通りです.
20201030iDeCoC.png

リバランスも兼ねて,毎月買付日の少し前に状況を見て金額を調整します.

20201030iDeCoM.png

確定拠出年金全体では,-2.07%でした.
通算では,+23.60%でした.

こちらは制度上早くても60歳まで引き出せないので淡々と限度額一杯の積立とバランスの維持に努めます.
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply