このブログはくは72の投資行動や考えについて淡々と綴るものです.過度な期待はしないでください.

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」に投票しました

 0
foy2020 logo

今年も投信ブロガーが選ぶFund of the Yearの季節がやってきました.
今月末が投票期限ですが,まだ投票していなかったのでそろそろ投票したいと思います.まだの方はお早めに.
投票への参加は今年で6度目です.
今年はオンライン開催です.イベントの運営をお手伝いさせていただいたこともあり来年以降の開催も望んでいるのでシルバースポンサーとしてチケットを購入させていただきました.

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 」とは?

ご存じない方のために書いておくと,「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020」とは,公式HPには次のように書かれています.
投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼ら彼女らが支持する投資信託はどれか?
証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。
今回投票したのは3つのファンドです.
インデックスファンド・アクティブファンド,バランスファンドからそれぞれ1本ずつ選びました.
今回もどのファンドに投票したかはイベント終了後に書こうと思います!

インデックスファンド

インデックスファンドは,次の3点で評価・選定をしました.毎年同じです.
  • インデックスとの差異
  • 実質コスト
  • 運用会社の姿勢

rabbit-373691_640.jpg

アクティブファンド

アクティブファンドについて,私自身はサテライトの投資対象に含んでいます.
インデックスファンドだけで構成されたポートフォリオだけでは日々の面白みに欠けます(面白みが必要かどうかの議論は避けます).
アクティブファンドの選定理由は,運用哲学に共感できること,その哲学通りきちんと運用しているかどうかです.

バランスファンド

つみたてNISA制度発足以降,個別のアセットクラスを組み合わせるよりバランスファンドの信託報酬の方が低コストで運用できるようになりました.
また,リバランスという地味で手間が掛かるけど大事な作業を自動で完結するバランスファンドの方が究極のほったらかし投資でないかと思い最近はバランスファンド推しです.

投票記事を書きながら思ったこと

この1年間は,新型コロナウイルス感染症に振り回された年でした.
前回のFOY後の懇親会で「運営委員してみませんか?」とお誘いいただきました.今年もFOYの運営のお手伝いをさせていただこうかと思っていましたが,オンライン開催となってしまったため視聴に注力できそうです.
感染症拡大の抑制にて今まで当たり前だった日常が当たり前でなくなり,自由に行動できることのありがたさを痛感しました.他方でテレワークの普及によりオンラインでのイベント開催が浸透し,東京に住んでいなくてもイベントに簡単に参加できるようになりました.MUKAMのブロガーズミーティングはその典型です.
さて,今年はどんな順位になるか楽しみです!
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply